ヤマモリ タイカレー マッサマン 3個 出産祝いなども豊富 1セット 信用 180g

ヤマモリ タイカレー マッサマン 180g 1セット(3個)

ヤマモリ タイカレー マッサマン 3個 出産祝いなども豊富 1セット 180g 474円 ヤマモリ タイカレー マッサマン 180g 1セット(3個) 食品 惣菜、料理 カレー、ハヤシライス カレー、 レトルトカレー 474円,180g,kayan-sa.com,マッサマン,タイカレー,ヤマモリ,食品 , 惣菜、料理 , カレー、ハヤシライス , カレー、 レトルトカレー,/humus186033.html,1セット(3個) 474円 ヤマモリ タイカレー マッサマン 180g 1セット(3個) 食品 惣菜、料理 カレー、ハヤシライス カレー、 レトルトカレー 474円,180g,kayan-sa.com,マッサマン,タイカレー,ヤマモリ,食品 , 惣菜、料理 , カレー、ハヤシライス , カレー、 レトルトカレー,/humus186033.html,1セット(3個) ヤマモリ タイカレー マッサマン 3個 出産祝いなども豊富 1セット 180g

474円

ヤマモリ タイカレー マッサマン 180g 1セット(3個)

※ご注文の確定タイミングにより、在庫が確保できない場合がございます。
「ご注文を確定」する際に再度ご確認ください。
タイの自社工場で生産した、スパイスの豊かな香りが魅力的なタイカレー マッサマンのレトルトカレーです。世界が認める美食をご自宅でお楽しみいただけます。
タイの自社工場で生産したタイカレー。マッサマンカレーはタイの南部、ムスリムの影響を受けた地方色豊かなカレーで、ドライスパイスをじっくり煮込むのが特長です。甘酸っぱくコク豊かなソース、大きな鶏肉・じゃがいも・玉ねぎの具に、落花生がアクセントです。レンジ対応パウチ入りのレトルトカレーなので、好きな時にご自宅でエスニック、タイの気分をお楽しみいただけます。
食品・調味料・お取り寄せ > インスタント・レトルト食品 > レトルトカレー > レトルトカレー(中辛)

ロハコ本店でのご購入はこちら

この商品の返品について

 【返品について】お客様のご都合による返品はお受けできません。※商品の発送時点で、賞味期限まで残り240日以上の商品をお届けします。※商品の色や質感を出来るだけ忠実に再現するよう心がけていますが実物と若干異なる場合がございます。※多くのお客様にご利用いただくため、同一のお客様からの大量のご注文、同一のお届け先への大量のご注文は、ご注文のキャンセルをさせていただく場合がございます。※一緒にご注文する商品、またはお届け地域等により翌日配達ができない場合があります。

商品仕様/スペック

栄養成分表示1食分(180g)当たり:エネルギー358kcal、たんぱく質14.8g、脂質25.6g、炭水化物17.3g、食塩相当量1.8g 原材料 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください鶏肉、野菜(じゃがいも、玉ねぎ)、ココナッツミルク、大豆油、ココナッツパウダー、カレーペースト、落花生、砂糖、ナンプラー、タマリンドペースト、食塩、香辛料/増粘剤(加工でん粉)、pH調整剤、パプリカ色素、(一部にえび・乳成分・落花生・大豆・鶏肉を含む)
種類マッサマン 辛さ甘口
電子レンジ使用の可否袋のままは不可 表示すべきアレルギー項目 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください乳・落花生・えび・大豆・鶏肉
マッサマン 名称カレー(レトルト)
ブランドヤマモリ(yamamori) 内容量180g
メーカー名ヤマモリJANコード4903101702827
備考

ご注意【免責】

アスクル(LOHACO)では、サイト上に最新の商品情報を表示するよう努めておりますが、メーカーの都合等により、商品規格・仕様(容量、パッケージ、原材料、原産国など)が変更される場合がございます。このため、実際にお届けする商品とサイト上の商品情報の表記が異なる場合がございますので、ご使用前には必ずお届けした商品の商品ラベルや注意書きをご確認ください。さらに詳細な商品情報が必要な場合は、メーカー等にお問い合わせください。




ヤマモリ タイカレー マッサマン 180g 1セット(3個)

2022-04-12
鯖江のカフェ&オーダー眼鏡屋さん「EIGHT SENSE」で働く、ビッグクラッピーナノ?くんが止まってしまったとのこと。原因はケーブルの断線。良い機会なのでよりスッキリコンパクトに改造しました。

今回使わなくなった赤外線測距センサー、超音波測距センサー HC-SR04、モータードライバ TA7267BP


全体の配線はこんな感じ


モータードライバ TA7267BP の説明書を見て配線します。(秋月では取り扱いが終了していて、モータードライバー TB6643KQ が近そう)


左から1番と2番を電源、3番と5番にソレノイドを接続、4番はグランド。IchigoJamのOUT1からの制御信号を7番へ。6番は0固定にするので4番のグランドと接続。


なぜかソレノイドがブルブル震えてしまうトラブルに遭遇。原因は赤外線測距センサーと判明。外すと正常に動きます。何か電源にノイズが乗っているか足りないかな気がしますが、電解コンデンサ10uFを足しても解決しなかったので、センサーを変更することに。


超音波センサー(HC-SR04)は電源を共有しても問題なし。超音波を発するTrigはIchigoJamとの配線を4本で作ってしまった関係で、ソレノイドと共有するOUT1へ、超音波の反射を受け取るEchoをIchigoJamのIN2へそれぞれ接続。
(参考、【セール】なとり 徳用カルパス 3袋 おつまみ 珍味


電源は5V、IN2、OUT1のみを使います。L字ピンヘッダーへのはんだづけするとコンパクト。


スッキリコンパクトに改造完了!


プログラムはこんな感じ。超音波センターは精度がいらないのでBASICバージョン。VIDEO0で画面表示を一旦止めるともうちょっと高さの調整がしやすくなります。


再び、EIGHT SENSE で活躍中!


2022-04-11
北九州高専訪問を機に高専生とPCN北九州とのオンラインMTG。 新高専生や小中学生に楽しいものづくり体験を広めましょう!


新しいデバイス開発が熱い、PCN北九州!IchigoJamにつながる、サーボで風船を割るバクダン装置付きがスゴイ!
爆発までのカウントダウン。実際ケーブルをニッパーでどっちか切ることで爆発が止まるか、即爆発するか決まる!
これはなかなか強烈な体験になりそう。


IN1とIN2につながる2本の線、どっちを切る?ドキドキバクダン解除ゲームのプログラム on IchigoJam web
うーむ、やっぱり、実物を触らないと全く伝わりませんね。


サイエンスウィンドウのマガジン一覧 | Science Portal - 科学技術の最新情報サイト「サイエンスポータル」」

サイエンスポータル内にて、公開されています!


プログラミングで創造的な人材育成を《福野泰介さんインタビュー》【未来を創る発明家たち】 | Science Portal - 科学技術の最新情報サイト「サイエンスポータル」

PDFバージョンとして再編集されて公開されてます!


なんと、北陸3県で開催された「かにロボコン」について巻末コラムも!こどもたちだけではなく、大人も燃えるプログラミング&電子工作による、DXはじめのいっぽ。お住まいの県でもぜひどうぞ!

2022-04-10
一気にアプリを創り切るイベント「ハッカソン」、今回のテーマは、デジタルツインえちぜんプロジェクトで活躍中の「VR」。Meta Quest(旧 Oculus Quest)で体験可能な本格VRアプリを、HTMLだけで簡単に開発できる、A-Frameを使ったハンズオン付きハッカソンをHana道場にて開催!

VR体験風景。着けてみないと分からないのが、VRの良さ。


A-Frame で WebVR!
(参考、VRではじめる現代HTML入門HTMLで創るVR、A-Frameはじめのいっぽ


かんたんなHTMLだけで空間が作れる。JavaScriptで簡単にいじれる!


360度写真を使ったバンジージャンプ体験、なかなかふわふわして楽しい!


taisukef/aframe-examples
今回の作品リンク集、こちらでまとめました。


西山公園でバンジージャンプ


10mの巨大時計


迫る太陽の塔


GANZ風の部屋


CHジェルガード 2本セット (1本/90g)(メール便2点まで)


発表!VRにリアルタイム通信を足せば、メタバース!WebSocketを使ったVRでCHAT、できた!


福井中のQuest集めて、またやろう!

2022-04-09
1時間0.5円、1月349円から借りられる、バーチャルサーバーをまるっと借りるVPS(Virtual Private Server)は便利ですが、サーバーを安定的に安全に動かし続けるためにはちょっと手間がかかります。

そこで今回ご紹介するのは、1ミリ秒単位で借りられるクラウドコンピューター「AWS Lambda(エー・ダブリュー・エス ラムダ)」。「料金」によると、1ミリ秒借りるのに0.0000000021ドル($1=120円換算で0.00000025円)というすごい値段。1回の呼び出しで10m秒かかるとして100万回使っても2.5円!1億回呼び出してやっと252円。更に、100万回/月までの無料枠。

お気に入りのJavaScriptランタイム、Denoを使って実際動かしてみましょう!


AWSのアカウントを作成して、ログインしたコンソールから、サービス AWS Lambda を検索して、開き、関数の作成。
日時を返す、datetime を関数名にして、ランタイムは後で設定するので、ユーザー独自を選択、アーキテクチャはDenoが対応している x86_64 のままにしておきます。(arm64対応してくれるとちょっと安くなるかも?)


詳細設定で、WebAPIとして呼び出せるように関数URLを有効化、認証はなし(NONE)、ドメインを超えて呼び出せるようにCORS設定します。


できた関数の下の方にある設定「レイヤーを追加」に、アップロードしたDenoのレイヤーのARNを設定して、追加。


hello.ts ファイルを作成して、Denoのプログラムを書いて、Deploy!
import { DateTime } from "https://js.sabae.cc/DateTime.js"; export function handler(event, context) { return { statusCode: 200, body: new DateTime().toString(), }; }; 関数URLを開くだけ。


ウェブアプリから呼び出して使えるAPIができました! <script type="module"> const url = "https://u3exza3rmabf5xis3l2gay6wgu0xftcg.lambda-url.ap-northeast-1.on.aws/"; const d = await (await fetch(url)).text(); document.body.textContent = d; </script> 簡単!お手軽!
安いとは言え、従量課金制なのでうっかり無限ループには注意しましょう。

Tweet

この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / 「一日一創」画像 / RSS